どんな疑問も、お気軽にお寄せください!

「歯並びに気になるところはあるけど、治療って本当に必要なの?」「もう遅いかな?」など、歯並びや矯正治療については、さまざまな疑問があるのではないでしょうか。また歯並びの乱れには痛みがないことや、矯正治療には比較的高額な費用がかかるということなどから、矯正歯科への敷居は高くなりがちです。

しかし今日、矯正治療はとても身近なものであり、健康のためにもとても大切な治療です。まずはどんな疑問もお気軽にお寄せいただければと思います。こちらでは、当院に寄せられるさまざまなご質問とその回答をご紹介します。

矯正治療は、大人になってからでもできますか?

問題ありません。最近では、大人になってから矯正治療を受けられる方が増えていますので、安心してご相談ください。しかし成長期のお子さんであれば、歯を抜かずに治療ができる可能性が増えるなど、メリットもあります。お子さんの時点で歯並びに気になるところがある場合には、一度ご来院いただくことをおすすめします。

矯正治療には、保険がつかえないと聞いたのですが……。

一般的な装置による矯正治療には保険は適用できませんが、手術をともなう外科矯正治療については、当院のような自立支援医療(更生・育成医療)指定医院であれば、健康保険が適用できます。詳しくは、「費用・医療費控除」をご覧ください。

矯正治療が必要な歯並びとは、どんなものですか?

いわゆる「出っ歯」「受け口」のほか、八重歯などのでこぼこな歯並びも「乱杭歯(らんぐいば)」といって治療が必要です。また奥歯を合わせても上下の前歯が開いてしまう「開咬(かいこう)」という症状もあります。治療が必要なほどの乱れかどうか、またいつから開始したほうがいいのかなどは、診察しないとわかりませんので、まずは一度ご来院いただければと思います。

目立ちにくい矯正装置というのはありますか?

近年では、目立ちにくい矯正装置がたくさん開発されています。歯の表面につけるブラケットという小さい装置も、金属製ではなく透明なプラスチックや白いセラミックでつくられていたり、歯の裏側に装置を取りつけたりする方法などもあります。詳しくは「目立たない矯正治療もあります」をご覧ください。

矯正専門医というのは、他の医師とは何が違うのですか?

「矯正専門医」とは、日本矯正歯科学会が定める条件を満たす、矯正治療についての技術と経験が十分に備わった矯正医に与えられる資格です。矯正治療を行っている歯科医師がすべて専門医なのではなく、その数はかぎられています。当院は秦野市ではじめての矯正専門医であり、口唇口蓋裂の治療や外科矯正などの実績も豊富です。矯正治療は、専門医で受けられることをおすすめします。

矯正治療は痛いのでしょうか?

矯正治療では、はじめて装置を取りつけてから数日間に痛みが生じますが、徐々に慣れてきます。痛みには種類があり、当院では痛みの原因を調べて適切な対応をしていきますのでご安心ください。詳しくは「なぜ痛いのか、原因と当院の解決方法」をご覧ください。

矯正治療は、一旦終わったらもう通院しなくていいのですか?

矯正治療の後、歯は元の位置に戻ろうとするため、歯並びを安定させる保定期間が必要です。またその後も観察や調整が必要となるため、定期検診にお越しいただきます。きれいに並んだ歯を今度は虫歯や歯周病で失わないためにも、「定期検診」でメンテナスを受けるようにしましょう。

矯正治療は、どんな流れで進んでいくのか教えてください。

まずは初回カウンセリングでじっくりとお悩みを伺い、お口の診察をさせていただくことからはじまります。その後診断に必要な検査を行い、治療計画を決定したうえで治療に移っていきます。詳しくは、「矯正治療の流れ」をご覧ください。

矯正治療をすれば、本当に歯並びはよくなりますか?

当院で矯正治療を受けられた患者さんは、治療にかかった期間のご負担を忘れて、きれいになった歯並びに喜ばれています。適切な治療を受ければ、歯並びは改善されます。当院で治療を終えられた患者さんの結果は、「症例・患者さんの声」をご覧ください。

装置をつかった矯正治療だけでは治らないといわれたのですが……。

歯並びの乱れだけでなく、顎、また顔のゆがみまでが著しいケースについては、一般的な装置をつかった矯正治療だけでは対応できないことがあります。そういった場合には、手術をともなう外科矯正によって症状を改善することが可能です。詳しくは、「手術をともなう矯正治療 ~外科矯正~」をご覧ください。

  • ページのトップへ戻る