上の前歯が突出している ??出っ歯??

上の前歯、または上顎全体が前に突出している歯並びを「出っ歯」、もしくは「上顎前突(じょうがくぜんとつ)」といいます。見た目が気になるのはもちろん、機能的にもさまざまな問題を生む出っ歯には、適切な矯正治療が必要です。こちらでは、出っ歯の問題や、出っ歯のタイプなどについて詳しくご紹介します。

当院の症例についてはこちらをご覧ください。

出っ歯の問題

顎関節に負担がかかる 上下の歯がかみ合っていない出っ歯は、無意識に上下を合わせようとする癖がつき、顎の関節に負担をかけて頭痛や肩こりを起こしやすくなることがある。
ケガをしやすい 転ぶなどの何らかの衝撃を受けたときに、唇を切ったり、歯が折れてしまったりすることがある。
口の中が乾く 出っ歯が著しい場合には口が閉じにくくなって乾燥し、だ液による自浄作用が期待できないため、虫歯や歯周病になりやすい。
見た目が気になる 唇の突出により口元が突出した感じになりやすい。また「出っ歯」にはマイナスイメージが強く、コンプレックスになりやすい。

出っ歯の3つのタイプ

タイプ1: 上顎が大きい

下顎と比較し、上顎が大きい場合の出っ歯。

原因 遺伝的要因が多い。
治療法 一般的な矯正装置による治療のほか、症状が著しい場合には、外科手術によって顎の骨を切断して行う。 永久歯列が完成する前であれば、上顎の成長がこれ以上過度にすすまないようにする。永久歯列完成後は、こちらの装置に歯の位置を修正して出っ歯の改善を行なう。症状が著しい場合には、外科手術によって顎の骨を切断して行うが、出っ歯の外科手術適応症例数は受け口に比べて随分少なく、矯正単独で治ることが多い。
タイプ2: 下顎が小さい

上顎と比較し、下顎が小さい場合の出っ歯。

原因 遺伝的要因のほかに、指しゃぶりや口呼吸などの癖や、やわらかい食べ物ばかり食べているなど、食生活が原因となることもある。
治療法 一般的な矯正装置による治療のほか、症状が著しい場合には、外科手術によって下顎の骨を大きくする処置をおこなうこともある。 永久歯列が完成する前であればバイオネーターなどの下顎を大きくする装置を使用する。永久歯列完成後は、こちらの装置に歯の位置を修正して出っ歯の改善を行なう。症状が著しい場合には、外科手術によって顎の骨を切断して行うが、出っ歯の外科手術適応症例数は受け口に比べて随分少なく、矯正単独で治ることが多い。
タイプ3: 前歯の角度が悪い

顎の大きさに問題はないが、上の前歯の角度が前方を向いている出っ歯。

原因 指しゃぶりや、舌で前歯を押す癖など。
治療法 一般的な矯正装置を用いた治療のほか、舌やお口周りの筋肉を強化するトレーニングなどによって、悪い癖の改善を図る。

インプラント矯正

インプラント矯正とは、装置の固定源として歯科矯正用アンカースクリューを埋め込み、それを支えにして動かしたい歯を確実に移動させていく矯正治療です。出っ歯や開咬などで症状が著しく、通常の矯正治療では難しいとされる場合や、固定源とする歯が少ないケースにも対応できる、効果的な治療法です。

一般的な矯正治療との比較

矯正治療では、奥歯を固定源として歯の表面にブラケットという小さな装置を取りつけ、そこにワイヤーを通して歯を移動させていきます。しかしその場合固定源となるのが自分の歯であるため、すべての歯に力がかかり、固定源の歯自体も動いてしまうことがあります。インプラント矯正なら固定源を別に確保できるため、確実に歯を理想の位置に動かすことができるのです。

インプラント矯正のメリット・デメリット

メリット デメリット
  • 確実に理想的な歯並びが得られる
  • 治療期間を短縮できる場合がある
  • ヘッドギアなどの装着が不要になる
  • 歯を抜かずに済む確率が上がる
  • 外科手術が必要な症例でも、手術を不要にできる場合がある
  • インプラントを埋め込む手術が必要
  • 年齢制限がある
  • 脱落すると再度植立が必要

「治療を受けると、どれくらい歯並びはよくなるの?」

出っ歯を一日でも短期間で治したい」そのようなお悩みをお持ちであれば、ぜひ当院までご相談ください。秦野市、小田原市、平塚市、厚木市、伊勢原市、中井町、これまで数多くの症例と向き合ってきました歯医者になります。歯並びの専門治療を行う当院では、奥歯を固定源にしてワイヤーを通す一般的な矯正装置「ブランケット」はもちろん、症状の進み具合に応じてインプラント矯正のご案内もしております。駅から徒歩5分、25年の実績ある、地域に信頼される歯医者を目指しております。

  • ページのトップへ戻る